4歳になったばかりの飼い犬が、重症筋無力症と診断されました。このブログは、飼い主の備忘録として始めますが、同じ病気と闘うペットの飼い主さんとの情報交換の場となれば嬉しいです。


by myastheniagravis
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

かゆみが悪化

 13日、8回目の受診。

 多少よくなったように思えなくもないが、冷静に見れば、犬が自分の症状に適応しただけのような気がする。副作用のよだれが、すこ〜〜しだけ減ったか? 一歩足を出すごとにエアのヨダレを踏んでイラっとすることが、減ったような気がする。「気がする」だけかも。またぬか喜びに終わったら嫌だから、「現状維持」ということにしておこう。メスチノンは、30mgで維持量。プレドニゾロンが、7.5mg/dayに減量になった。

 ここ4、5日、カイカイが復活した。ステロイドを減量したのが原因なのか? とはいえ、ヒトに比べたらまだ大量投与中なのに、これでステロイドが中止になったら、どんなにひどくなるだろう? おなかは毛がなくなってツルツル、体幹の毛が少なく短くなり、パピーのようだ。友達の犬も最近カイカイが悪化したというから、季節的なものなのかもしれない。口の周りを掻きむしって、それでなくてもただれているのに、ついに出血し始めた。せめてもの思いで、皮膚炎やかゆみに効果があるというラベンダー水と、抗菌作用のあるレモンティーツリー水を買った。それぞれ120ml入りで、¥3,150と¥2,520! 人間の化粧水もビックリのお値段。効果があるなら、それでも惜しくないが。

 治療開始以来、職場と家の往復だけで何の楽しみもないので、15日にミルトスに行った。久しぶりにアジをやってみたが、ハードル跳べない。バーを地面に置くと元気に走れるのだが、20cmに上げただけでガクッとスピードが落ちる。スラロームでは後ろ足がふらつく。車に飛び乗るのも、散々ためらったあげく、やっとこさという状態だ。後ろ脚に症状が出ている。単に運動不足で筋力が落ちているだけならいいんだけど。

 他の人のblogを読むと、メスチノンだけで治療されているケースが多いようだ。ヒトの場合、メスチノンは対症療法という位置づけだ。ヒトと犬とでは違うのかもしれないが、自己免疫疾患が治っていないのにステロイドを中止することは、ヒトではあり得ない。明日は受診日。このまま減量→中止に持って行く方針なんだろうか? もしそうなら、異議を唱えてみようと思う。 
[PR]
by myastheniagravis | 2012-09-20 19:15